忍者ブログ

私、無印不良品。

品行方正・優等生にはなれないけれど、結構いい味だしてます。 本音で語る女心はくせになる・・・かも?

May 26,2017

● [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↑   by at 21:54

July 20,2007

● 愛もほどほど?

『今現在、貴方は幸せですか?』


そう聞かれたら貴方ならなんて答えますか?
私だったらどうだろう・・・。

結婚して20年。
一男一女の子供が二人。
ペットに犬と猫。
家族はみんな健康で、特にこれといった問題を抱えているわけでもなく
経済的には、上を見たらキリがないのでこんなもんかと思える程度。

世間一般から見たら、ごく普通の幸せな4人家族に見えるだろう。


幸せか、不幸かと聞かれたら・・・・
とりあえず、不幸ではないとは思う。
でもだからといって幸せです、とは決して言えない。


なんで?


だって・・・・・


そこには決定的に欠けているものがあるから。


『愛』



ここだな。
幸せですって答えられない理由はこれだな。


かつて私の知り合いに、結婚してかなりの年月が経つというのに
ハートの瞳で夫を見つめる女がいた。
子供がいないせいと、年上女房だったのも重なって
夫をまるで我が子のように愛していた部分もあったのかもしれないが
とにかくひたすら夫にハートの視線を送っていた。
朝から晩まで、常に夫中心に世界が回り、夫に尽くす事こそが自分の生きがいであり
なにものにも代えがたい幸せなのだと言わんばかりに・・・。


そんな彼女が当然の事のように話す事が、我が家ではありえない事ばかりで
特に手をつないで寝た事なんて1度もないと彼女に告げると

『どうして? 彼を愛してないの?愛してないのにどうして結婚してるの? 
そんな淋しい結婚生活だなんて、なんて可哀想なの!』

と・・・真顔で言われた。


そうだよな・・・・。
愛してもいないのに、なんで一緒にいるんだろう・・・・。
まぁ、結婚して20年も経って、今更ハートの瞳になんぞなれるものか。
増してや、そんな風に愛した事など1度もない。
世間一般で言うようなお見合いではないけれど、恋愛結婚だったわけじゃないし
そもそも、結婚と恋愛は違うと思っていたし。
いくら恋愛して楽しくても、結婚して苦労するのは嫌だったし
その頃の彼は恋愛するには面白味がなくても、ごく普通の家庭を築くにはいいかもと
まだ・・・思えていたから。
何よりも、自分一人で生きていけるほどの経済力もなかったし。

どうせ一生を共にするなら、彼女のように心から愛せる相手と結婚した方が
例えまわりに、いい年をしてアホだと言われようとも幸せだよな・・・。

なんて思ったりもした。



でも離婚した。



あんなに仲が良くて、あんなに夫を愛して、ひたすら尽くしていたのに・・・・


なんで?


夫が他に女を作り、彼女は嫉妬の鬼と化し、半狂乱になる場面も多々あった挙句
そんな彼女に夫は益々嫌気がさし、結果・・・離婚となったわけである。

要するに・・・
早い話が・・・
夫はそんな妻の愛をいつしか重荷に感じるようになったって事だね。


愛に溢れて、一生そばにいたいと思っていた夫婦が離婚し、
愛のかけらもなく、常に離婚を考えている夫婦が今もこうして結婚生活を営んでいる。

人生色々、摩訶不思議。


要するにさ、結婚って愛があれば全て上手くいくほど簡単なものでもないって事だ。

まぁ、彼女達にも子供がいれば、離婚という最悪の事態は免れたかもしれないが
いずれにしても、ありすぎた愛が招いた不幸であることに間違いはない。


恋愛でも結婚でも、重すぎる愛は良くないという事なのだ。



あの時・・・
愛がないのに結婚なんておかしいって彼女に言われて、その通りだと私も思った。

でも・・・・
離婚したいのは山々なれど、子供がいるとそう簡単に離婚も出来ない。
子供に対する親としての責任もある。
そんな生活に嫌気が心底嫌気がさす事もあるけれど
自分の気持ちだけでそう簡単に離婚なんて出来るもんじゃない。


世の中の主婦の大多数が・・・そんな本音を心に秘めて日々過ごしているように思う。

若い時ならいざ知らず、人間年を重ねると、愛より打算を選んだ方がいい時もあるって事に
気付いてしまうもの。
愛でお腹は満たされないし、愛で家も車も買えはしない。
増してや子供がいれば当然、子供の将来にだって影響してくる。

自分の年と、状況を視野に入れた時
愛を取るか、打算を取るか・・・おのずと答えは出るというもの。

あとはいかに割り切るか。


愛がないのに・・・なんて19,20じゃあるまいし、現実はもっと厳しいって事を考えなくちゃ。
そこのところを悩みだしたら自分が辛くなるだけだもの。


そして多分・・・いや間違いなく・・・
男だって同じようなものだと私は思う。

ならばそこのところはお互い様だと割り切って、自分は自分の幸せってものを見つければいいだけの事。

結婚したからにはお互いがお互いを愛し、思いやりを持って幸せな結婚生活を送らねば・・・。
そんな固定概念に縛られて、それが出来ない自分を責める事はない。

基本的に私にとって一番必要なものは『遊び心』と『恋心』
いかに自分の人生楽しんで、より多くのときめきを手に入れるかに尽きると思う。
固定概念にしばられて、自分を追い詰めてなんになる?
出来ないものは出来ないし、出来ない事に悩むより
出来る事だけやればいいって私は思う。


その代わり、夫にも寛容であらねばならない。
自分に自分の幸せがあるように、夫にも夫の望む幸せがあるのだから。


結婚だとか、夫婦だとか、こうあるべきって固定概念は捨てましょう。
さっさと割り切り、打算を身に着け、いかに残りの人生楽しむかの方が重要だって
私は思いますけど、いかがでしょうか?




不良主婦な私ですけどよろしかったらぽちっとね♪

 人気ブログランキング

PR

日記

↑   by うずまきなると at 02:55 | comments(2) | trackbacks(0)

Comments

長文になっちゃうかも。

今、私の友達夫婦が、まさにこの状態で。

友達のとこは奥さんが5つ年上、子供はひとり。
ご主人、もともと自営業だったんだけど、昼間時間が空いていて、奥さんがお昼を作るのが面倒・・・と言う理由で、ダンナがパートに出されたわけです。

で、その職場が主婦が多い職場で。
職場の飲み会で盛り上がって朝帰りしちゃったんですねー、ダンナが。
そのとたんに奥さんがジェラシーモードに入っちゃってね。

奥さんだって、ダンナにナイショで男連中と朝方まで飲んでたりするのにさ。

私に言わせれば、自分も遊んでるんだから、ダンナにも遊ばせろ・・・って思うんだけど。

奥さん、真剣に悩んじゃって、落ち込んでるから言えない雰囲気でサー。
ダンナのケータイメールもすっごく増えたし、そういうところも気になるらしい。

ダンナはダンナで奥さんの気持ちが「重い」と言ってるしねー。

離婚はしてほしくないけど、ダンナの心は確実に離れちゃってる感じ。
今は子供が小学生だけど、手が離れちゃったら、どうなっちゃうんだろー?って思うよ。

夫婦の関係も、ほどほどがいいよね。

ってか、10年もたって、相手を愛せるのはうらやましいけど、私には無理だな。

by かなぶん(553a2efd04) at Jul 20, 2007 | EDIT

ううむ・・・。

愛があるのはいい事だけど・・・そういう形になっちゃうと
愛があるのも考えものって感じだね^^;


私なら・・・・
旦那が遊んでくれた方がいいかなぁ^^
だってその方が自分が遊ぶ時にも気兼ねしなくてすむじゃん?( ̄ー ̄)
なので亭主は野放し状態です♪

ふふふのふ

by うずまきなると at Jul 21, 2007 | ↑

上手に生きるとわ・・

読んでいてすごく、思ってること感じてることが
あまりにも自分の気持ちとリンクしすぎて
コメントするのに時間がかかりました、、

ようするに、読んでいて私が言おうとすることが
ぜんぶ書いてあったので、コメントのしようがなかったのです(笑)

なるとさんはすごく大人の人だと思いました。

上手く生きることとは、なるとさんみたいにちゃんと
子育て&主婦業をこなして、それでいて旦那には
お金も入れてもらいつつも自由にさせてあげて
なおかつ自分も「遊びごころ」と「恋心」を取り入れつつ
ささやかな幸せを手に入れることだと思いました。

な、なんだかなるとさんの文面をそのまま
まとめただけのコメントですんません・・・(苦笑)

by usa(99b5148927) at Jul 23, 2007 | EDIT

私は大人でもなんでもないですよ^^;
ああでもない、こうでもないと日々迷い、些細な事で頭に来たり
まだまだ修行が足りないと思う事の方が多いですよう。

by うずまきなると at Jul 24, 2007 | ↑

Comment Form

※入力されたメールアドレスは公開されません。

tool : 
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackbacks

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
うずまきなると
性別:
女性
自己紹介:


narutodayo@gmail.com

最新記事

リンク

RSS

バーコード

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim