忍者ブログ

私、無印不良品。

品行方正・優等生にはなれないけれど、結構いい味だしてます。 本音で語る女心はくせになる・・・かも?

August 21,2017

● [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↑   by at 13:45

April 27,2007

● 切なさ、辛さも恋のうち

先日より、どうも恋の話に花が咲いておりますが・・・
掘り下げれば掘り下げるほど、奥の深さを痛感するのが恋ってものです。

どんな恋でもそうですが、最初はいいのよ最初は。
ただ単にドキドキ・ワクワクしてればいいから。
相手の姿を見るだけで何だか幸せな気持ちになれたり
話しかけられたり、微笑みかけられたりしようものなら天にも昇る有頂天。
もういつ死んだって悔いはないぜ、くらいの勢いですが・・・・

人間の欲望というのはとどまるところを知りませんから・・・
だんだんそれじゃあ満足出来なくなってくるから始末が悪い。

一番最初は姿を見られるだけでよかったものが、少々お近づきになりまして挨拶を交わせるように
なりますと、今度は会話が欲しくなる。
会話が出来れば、今度はちょっと触れたくなったりするもので
ふと気が付いたら相手への想いで心の中が決壊寸前のダム状態・・・。


ね・・・思い当たるふしあるでしょう?
恋ってそういうものなんです。

やれやれですな・・・。



で、それが独身時代なら、告白の末結ばれるにせよ、木っ端微塵に玉砕しようが
さして問題ありませんけど、既婚となるとそうもいかない。
それでもまだ片思いならいいんです。
自分ひとりの心の中で妄想特急爆走させればいいだけですから。
問題なのは相手も自分に想いがあるのが分かったケース。

本来ならば二人っきりの甘い時間を満喫したいところでも、家庭があるとそうもいかない。
亭主の事はどうでもいいけど、可愛い我が子を泣かせるわけにはいかないですもの。
自分の想いを抑えよう、これ以上深入りしてはいけないわ・・・
なんて必死になってみたりもします。

だがしかし!
そこで流れてくるのが郷ひろみ君の懐かしのヒットソング。

逢えない時間が愛育てるのさ、目をつぶれば君がいる・・・

って例のあれです。


そうなんです。
そうするつもりがあろうがなかろうが、育っちゃうから困ったものです。

人間そうそう強いもんでもないですからね、やっぱり時には欲望に負けちゃう時があったとしても
仕方がないと思うんですけどいかがでしょうか。

毎度申し上げておりますように、決して道徳的でも正しい事でもございません。
なので、正当化するつもりも、お勧めするつもりもない事だけは最初にお断りしておきますが
実際問題、そこまできたらもう後戻りはしないほうがいいかもなんて思わなくもない今日この頃。

だって・・・
そりゃ、抑えられるなら抑えて頂いて問題ないと思いますけど、抑えようにもどうにもならない
想いというのがあるんだからしょうがない。

勿論、そこにはどんなに深い愛があろうとままならぬだけに、切なさ辛さが伴う事も判っています。

屈託のない微笑みを交わす恋人同士を横目で見ては、自分もあんなふうになれたらと
溜息の1つも出るでしょう。
よもや一線を越えようものなら、横に寝ている亭主を見てはこれがもしも彼ならと
切ない想いに枕を濡らす夜を数えて幾年月・・・

な~~~んて、とっても辛い気持ちになったりするのはほぼ100%間違いない!
そこんところに間違いないのは判っていてもっ!



抑えられないくらい・・・誰かを好きになれたなら・・・その想い、大事にしたいと思うわけです。

辛い思いもあるけれど、相手の事を想った時に幸せな気持ちで心がいっぱいになる瞬間や
我慢に我慢を重ねた末に、ほんの少しでも逢えたりすれば、それだけでもう十分だって思えるくらい
幸せだって思えるんだもの。



どんな事でもいい面だけなんて事は絶対ない。
表があれば裏もあるのが森羅万象の共通点じゃないですか。
輝く光がまぶしいのは、その影になる闇があるから。

光の中だけで生きようとすれば、その光もやがて輝きを失いますが
影の部分の闇を見れば、光の中に戻った時に、前にも増した輝きを感じる。

裏をかえせば、その闇があるから光を光と感じる事が出来るんです。



と思います。


どちらを取るかは自分次第。
その輝きを失いはしても、明るい光の安泰を取るか・・・
深い闇を彷徨う事はあったとしても、時折差し込む一筋の光に限りない輝きを感じたいと願うか・・・。


難しいとこですが、難しいからこそ奥が深いのが恋なのです。



切なさ・辛さも恋のうち


                    なんてな^^



PR

日記

↑   by うずまきなると at 17:43 | comments(3) | trackbacks(0)

Comments

わかるなあ.........

こんばんは♪
ある意味、今回の話の途中かもです(汗
妻子ある身ゆえに悶々としている、この私w
どちらも失う羽目になったとしても、
自分に正直に生きるほうを取りそう。
今はそんな気分です。
つーか、とりあえず嫁を何とかしたい(笑

by aku1013(2abe855979) at Apr 27, 2007 | EDIT

はじめまして^^

っていうか、話の途中の段階なんですね・・・^^;
えっと・・・どういう事情か判りませんが、お子さんがいらっしゃるなら
そう簡単に自分の気持ちを優先させちゃ駄目ですよ?
女房の方は大人ですから置いときますけど、子供を泣かせる事だけは
極力避けて頂くわけにはいかないでしょうか?

だって・・・
手に入れた愛が子供の心の傷と引き換えだったら、貴方は幸せになれるでしょうか・・・。
私なら無理です。
それに・・・どんなに愛した人だとしても、子供の心を傷つける事より結果的に自分の想いを優先させてしまう人だとしたら・・・
多分その先ずっと想い続ける事は出来ないような気がします。

ごめんなさい。
出すぎた事を言いました。


by うずまきなると at Apr 27, 2007 | ↑

まさに・・・

今の私の心情とぴったりんこでごさいます~~。

恋愛妄想特急かなぶん3号、爆走中でございます。
このところ、週に1度あえるんですけど、その度にちょっとした会話をするようになりました。

相手から話しかけてくれることもあり、
勘違いに拍車がかかり気味でございまふ。

光と闇・・・そうですよねー。
恋愛ってそうですよねえ。

まあ、とりあえず、今の気持ちを満喫します。

> aku1013さん
男性ですよねー。
家庭を壊さない程度に恋愛を楽しめばいいんじゃないんですか?

by かなぶん(99bdae9ba5) at Apr 28, 2007 | EDIT


ほほう、かなぶん3号爆走中ですか( ̄ー ̄)
勘違いだろうがなんだろうが、妄想だけなら問題ないと思われますので
満喫しまくって下さいまし。

by うずまきなると at Apr 28, 2007 | ↑

Re: お騒がせしております

ありがとうございます。
現在2世帯住宅にて親世帯と同居しているのですが、
私の家族と嫁の全面戦争状態にあるわけです。
で、見てる限りでは嫁が圧倒的に悪い。
これまでずっとかばってきましたが、
私自身も愛想をつかしかけている訳です。
道ならぬ恋愛は、そういう「自分に嘘をついている」状態を
気づかせてくれるきっかけになりましたが、
そちらはこの際置いておいて、
子供のためにも、この自己中嫁は置いておくわけにはいかない。
そういう訳で三行半を突きつける絶好のタイミングを
測っているところです(汗

しかし、うずまきなるとさんの仰ること、実に正しいと思います。
もちろん私も子供が第一です。
今回のことは、もしも親が子供にとって障害となるなら?
それでも母親が必要なのか?という非常に難しい問題です。
それ故に、性急に事を運ばずに、
時間をかけていこうと思っています。

個人的なことを長々とすみませんでした m(_"_)m

by aku1013(2abe855979) at Apr 28, 2007 | EDIT

なるほど、そういう御事情でしたか・・・。

そうなると、仰るように、まずは奥様に対する対処の仕方をどうするかが
先決ですね。
子供に対して母親としての責任を果たしているか、十分な愛情を注いでいるか・・・。
そしてお子さんは母親をどう見ているか・・・。

母親が必要かどうかはその辺で決まると思われます。

ちなみに私の両親も離婚をしております。
私の場合は逆バージョンでありまして、幼い時より父に対しては
子供なりに嫌悪する部分もあり・・・正直離婚を望む気持ちもありました。
そんな私の経験上、1つだけアドバイス出来る事があるとすれば・・・

子供は大人が思うほど、理解力がないわけではないのです。
大人が思う以上に大人の事をよく見ているし、大人なだけに気付かぬ部分も
しっかり感じていたりします。
なので・・・
まだ子供だからと思わずに、気持ちを聞いたり、思いを聞いたりしてみて下さい。
1人の人間として、真剣に向き合えば、どんなに幼くてもその思いは伝わるものです。
母親をどう見て、子供自身が必要としているかいないか・・・
そこから答えが見えてくると思います。

お子さんの為に頑張って下さいね。

by うずまきなると at Apr 29, 2007 | ↑

Comment Form

※入力されたメールアドレスは公開されません。

tool : 
 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackbacks

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
うずまきなると
性別:
女性
自己紹介:


narutodayo@gmail.com

最新記事

リンク

RSS

バーコード

忍者ブログ | [PR]


Powered by 忍者ブログ
Template Designed by miu_uim